年の瀬にAmazon Services Japanアカウントを語る怪しいメールが来た

Amazon
スポンサーリンク

昨日で仕事納めて今日から年末年始休みが始まるーと思ってのんびりしてたらAmazonからメール。

んんんん?怪しいなと思ったので、注意喚起も含めてここで紹介します。

スポンサーリンク

差出人の名前はAmazon Services Japan

差出人の名前だけでは判別不能

差出人の名前は本物のAmazonから届くメールと同じ差出人の名前です。

ここだけではどんな内容のメールか判断できないです。

 

メールのタイトルが凄く怪しい

上記の画像の通りですが、タイトルの怪しさが凄いです。

❶ タイトルに差出人名が入っている

そもそも差出人でAmazon Services Japanから来ているとわかるのに、メールノタイトルで差出人名を入れる意味がわかりません。

❷ 差出人名の後に「アカウント」という謎の文言

Amazonからメール来た事ある人ならわかると思うんですがタイトルに「アカウント」なんていう文言が入ったメールはAmazonから届きません。

タイトルに差出人名がある+アカウントで怪しさ指数UP!!

「:異常な活動」

もはや意味不明です。こんな日本語は初めて見ました。

ツッコミ所が多すぎる1通目のメールのタイトルは怪しいとわかりやすいですね。

❹ 重要情報についての通知

重要情報についての通知っていう謎の文言もこのメールで初めて見ました。

「重要」とか「通知」とかという言葉を使って

「やばいメールだ」

と思わせる作戦でしょうか・・・?

タイトルだけで怪しいメールと見抜けるか?

1通目は割と簡単に見抜けるかと思います。

明らかに変だな、怪しいなと思えるようなタイトル担っているので、割と簡単に警戒できるのではないでしょうか?

2通目の重要情報の通知については「重要」だとか「通知」だとかいう言葉で見た人を不安にさせるような文言です。

事前に知っていたり、冷静であれば怪しいなと警戒できるかもですが、少し気持ちが乱れていたり、不安定な状態だと冷静な判断を失って事実かも・・・と思ってしまうかもしれません。

メール内容が怪しい

わかりますかね?とても怪しくありませんか?

❶ 日本語が不自由

Amazon Services Japanですよ?

仮にもJapanが付いてる差出人でこの日本語力はヤバイ。

ごクレジットカードとは?

ごクレジットカードや購入用アカウントには入金することができませんのでご了承ください。

クレジットカードの前に「ご」か付くの初めて見たわ。初見ですよ!初見。

カスタマーアカウントを閉鎖されて、残高を振り込まれません。

カスタマーアカウントを閉鎖されて残高を振り込めません。

?????????

なにこれ、意味がワカラナイ。

平素は〜の後に謎の絵文字

この絵文字は何ですか?

平素は〜の直後に突然現れるチェックマークの絵文字。

Amazon Service Japanは絶対にこんな事しない。

メールアドレスがおかしい

Amazon公式なら送信するメールアドレスもきちんとしたメールアドレスを取得し、カスタマーに送るはずです。

今回届いたメールアドレスは2通共 「amazona11@d.amazonona.cn」でした。

このアドレスや似たアドレスから届いたメールにはご注意ください。

 

Amazon公式も注意喚起

Amazon.co.jpの自社以外のメールについて、以下のページで注意喚起をしています。

公式サイトはこちら

Amazon.co.jp

Amazon.co.jpで使用されているメールアドレス一覧

 

Amazonを語るメールにご注意

こんな年末に身に覚えのない内容でAmazonからメールが来てると一瞬焦りました。

クレジットカード情報の更新をして欲しいという内容からクレジットカードの情報を盗み出す目的だと思います。

こういう風に焦らず少しずつ変なところを見つけて行って、怪しいメールに引っかからないように気をつけましょう。

個人のセキュリティレベルもしっかりあげて、対策をしていきましょう。