GoPro HERO6から適切な買い替え先は「GoPro HERO7 BLACK」か「Osmo Pocket」か考察する

カメラ
スポンサーリンク

OsmoPocketがDJIから発表されてからというものの、

「GoPro HERO7キラー」

「GoProの市場を本気で狙いに来た」

という評判が各所から聞こえてきます。

 

GoPro HERO7 BLACKは

「Hyper Smooth凄い!」

「これまでのGoPro史上最強」

など・・・ポジティブな意見が聞こえてきます。

Osmo Pocketは単純に機械として欲しいし、面白そう。

GoPro HERO7 BLACKは Hyper Smooth 使いたいし、最強スペック欲しい。

という葛藤に駆られています。

 

PayPayの20%バックも使えるわけだしね。

 

というわけで、現GoPro HERO6持ちの僕が買い換えるならHERO7 BLACKなのか、OsmoPocketなのかを考察していきたいと思います。

各々で使用スタイルが異なると思うので、総てのパターンを網羅する事は出来ませんが、タイプ別に考察していきたいと思います。

まずは現時点でのそれぞれのアクションカメラの立ち位置をおさらいしておきましょう。

スポンサーリンク

所有しているアクションカメラ

GoPro HERO6

GoPro HERO6の現在の立ち位置

  • 旧型になったお陰で価格が下落
  • HERO7 BLACKが出るまでフラッグシップモデル
  • コスパを考えるならこのモデル
  • アクセサリーの数が豊富で安い
  • ケースなしで防水機能搭載

 

関連記事
GoPro HERO6を今更購入したよ!(HERO,HERO5との比較)
悩みに悩んだ末にアクションカメラのGoPro HERO6を手に入れました。 HERO5とHERO6で散々悩んだため、購入する瞬間までの気持ちを表現してみました。 悩んだポイント お財布に...
GoProHERO6・HERO7のサードパーティアクセサリまとめ
夏のアクティビティに向けてGoPro購入しましたか? もしくは購入を検討していますか? GoPro購入レビューはこちら GoProには用途に分けてたくさんのアクセサリがあります。 もちろん値段...
SHOOT GoPro HERO6 バックドアつきアルミハウジングフレーム レビュー
前の記事で書いたように、ようやくGoPro HERO6を購入しました。 GoProはアクションカメラなので、色んな所に連れ出します。 そんな時に気になるのが、ぶつけたり、落したりした時に本体に入る傷。 ショ...

買い替え候補のアクションカメラ

GoPro HERO7 BLACK

GoPro HERO7 BLACK の現在の立ち位置

  • HERO6を全体的ブラッシュアップしてさせた。
  • Hyper Smoothが秀逸
  • アクセサリーの数が豊富で安い
  • ケースなしで防水機能搭載

 

Osmo Pocket

Osmo Pocket の現在の立ち位置

  • 発売前にも関わらず、すでに人気のモデル(2018/12/15発売)
  • アクションカメラで3軸ジンバル搭載はこのモデルだけ
  • インテリジェント撮影で様々な撮影シーンに対応
  • フェイストラッキングはYouTuberや自撮りシーンで大活躍
  • 本体の価格はGoPro HERO7より安い
  • アクセサリーが純正しかなく、高い
  • 動きが可愛い
  • 防水機能は非搭載(別売りケースにて補完)
関連記事
ドローンで有名なDJIから3軸ジンバル搭載アクションカメラ「Osmo Pocket」が発売
めちゃくちゃ欲しい!!!! アクションカメラ界の絶対的王者「GoPro」に強力なライバル登場です。 カメラ業界では近年当たり前になりつつある「手ぶれ補正」ですが、アクションカメラでは特にGoProがその機能を前面に押し出してプロ...

 

 

各カメラの特徴を簡単におさらいしたところで、使用シーンを分けてアクションカメラを乗り換えるならどのモデルになるか考察してみました。

スノースポーツ

スキー

  • ステッキを持つため両手が埋まる
  • 手持ち撮影は上級者向けか。
  • 雪面の状態によっては水分を多く含んでいる事がある
  • スピードが出るので転倒や衝突のリスク

スノーボード

  • 両手は空いているので、手持ち撮影が可能。
  • スキー同様雪面の状態によっては水分を多く含んでる場合がある
  • スキーに比べてスピードは出にくいが、衝突や転倒のリスクはある

個人的な結論

スノースポーツでは「防水+手ぶれ補正」のGoPro HERO7 BLACKが最適

 

GoPro HERO7 BLACK

  • 防水機能がある為、シャバ雪や突然の天候不良時でも問題なし
  • ネックマウントやクリップマウントなどで両手をフリーに出来る
  • 長方形の形が転倒時の外圧による故障のリスクを軽減
  • 多様なマウントと取り付けやすさで様々な角度からの撮影が可能

Osmo Pocket

  • 防水機能がないため、雪や水の環境時にはアクセサリーのケースが必要
  • 転倒時の破損が心配
  • 3軸ジンバルで滑らかな動画撮影が可能

マリンスポーツ

サーフィン

  • 海水+波という機械にとって最悪の状況
  • 取り付け位置も限定されるため固定が難しい
  • 常に水や外圧がかかる状態で、紛失のリスクも高い
  • 手持ち撮影ができるかどうか・・・

ジェットスキー

  • ハイスピードで風も凄い
  • 取り付け位置は比較的自由
  • こちらも海水を被りたい放題!
  • サーフィンより機械にとって優しい環境

シュノーケリング・ダイビング

  • 水中での撮影
  • 水圧にどれだけ耐えれるかを考慮する必要がある
  • 水中での操作性がどうか

 

個人的な結論

アクティブなマリンスポーツはGoPro HERO7 BALCK一択

  • 直接海水にさらされるし、手持ち撮影が難しいとなるならGoProしかない
  • ネックマウントを使えば面白い映像が撮れるかもしれない

シュノーケリングやダイビングならOsmo Pocket+防水ハウジングもあり

  • サーフィンやジェットスキーのようなスピード感やアクティブさはないが、海水という環境は同じ
  • 水圧を考慮すればどちらのカメラを選択しても問題ないと言える

 

スポーツ関連ではGoProが強い

というわけで雪上や水上などの日常とは違った環境に持ち出す際はGoPro HERO7 BLACKが圧倒的に有利であるとわかりました。

理由としては

  1. 本体の防水機能
  2. マウントの豊富さ
  3. 製品の形
  4. 広い画角で臨場感のある映像が撮れる

があげられます。

悪環境やスポーツではやっぱりGoProが強い!

 

次はスポーツから離れて、日常生活に近い環境を想定してみましょう。

街ぶら・散歩

カメラに求められる事

街ぶらや散歩ではその街の様子や人々の様子を映し出す事が目的となります。

防水性能はあれば心強いですが、徒歩による振動の軽減や、撮影モードの豊富さが求められると考えます。

そういう点から考えて・・・・

勝手に結論

3軸ジンバル搭載のOsmo Pocketが最適

  • GoProの電子式手ぶれ補正もブラッシュアップされたHyper Smoothは強力ですが、やはりここはジンバルの出番。
  • 安定した滑らかな映像は「Osmo Pocket」が最も得意とするところです。

 

セルフィー・人物撮影・動画配信

 

カメラに求められる事

ここでは人の顔にいかにピントが合い続けるかがポイントとなってきます。

パンフォーカスのGoProは全体にピントが合うため、大きく外すことはないと思いますが、抑揚が少ない絵になりがちです。

また画角が広いが故に人の顔をメインとした撮影にはあまり向いていないのではないかと思っています。

OsmoPocketはGoProに比べて画角が狭いため、写る範囲が制限されますが、フェイストラック機能で顔を追いかけて撮影してくれる所は大きなポイントかなと思います。

勝手に結論

インテリジェント撮影搭載のOsmoPocketが最適

DJIが開発したインテリジェント撮影機能の一部である、フェイストラックやアクティブトラックを使えば今まで難しかった撮影も簡単にこなせるし、何よりカメラの操作じゃなくて、撮影自体に集中できるのは大きなポイントではないかなと思います。

 

夜間・暗所での撮影

夜間や暗所といった光の少ないところの撮影はカメラにとってかなりつらい環境です。

光が少ないため被写体を映し出すために、長い時間をかけて光を取り込みます。

そのため手ぶれしやすい状況になります。

その状況を改善するためには・・・

  1. 明るいレンズを使う
  2. 手ぶれ補正搭載のカメラを使う
  3. センサーの大きいカメラを使う

この3つが求められます。

1.レンズの明るさについて

GoPro HERO7 BLACKのF値は公表されていませんが、HERO6はF2.8だったようなので、F2.8と過程します。

Osmo PocketはF2.0でF2.8のGoProより1レベル明るいです。

アクセサリに標準でNDフィルタがあるくらいなので、結構明るく撮れると思います。

2.手ぶれ補正の搭載について

電子式手ぶれ補正+HyperSmooth(ソフトウェア処理)のGoPro HERO7と3軸ジンバルのOsmo Pocketの戦いですが、ここはOsmo pocketが有利かなと考えます。

3.センサーサイズについて

センサーのサイズが大きい程、

「光を取り込みやすい=暗所での撮影に強い」

となります。

センサーサイズは両機種とも1/2.3で同じサイズです。

 

勝手に結論

Osmo Pocketが夜間・暗所撮影には有利

F値とジンバルで優位性が高いと判断しました。また撮影モードも両機種ともに夜に向いたモードがあります。

こちらは実際に撮影してみないとわからない部分が多く、なんとも言えません。

F2.0の明るいレンズ+3軸ジンバルでアクションカメラ界ではOsmo Pockeは最強の機種と言えます。

日常生活においてはOsmo Pocketの方が有利

日常生活においてはOsmo Pocketの方が機能的にも合っているなと思いました。

3軸ジンバルや手持ちを想定したカメラの形など、機能やデザインを日常生活に適応するように開発されていて、とても面白い製品であると改めて感じることができました。

 

まとめ

自分のライフスタイルに合った製品選びを!

アクティブで色んなスポーツをする方や登山が趣味とかそういう方にはGoPro HERO7 BLACKが最高の相棒になってくれると思います。

一方、そこまでアクティブじゃないけど、日常生活のお供になるようなカメラが欲しいという事であればOsmo Pocketは最高の相棒になってくれます。

難しいのは中間層に属する方

スポーツもするし、日常生活でも使うしという方の場合は周りの人たちの逆を取ればよいのではないかと思います。

GoProユーザーが多いならOsmo Pocket

Osmo Pocketユーザーが多いならGoPro

といった、逆戦法を取ることでお互いに必要な時にカメラをシェア出来るのではと考えています。

お金があるなら両方買ってしまえば良いと思います。

その上で両方を使い分けたり、取捨選択してどちらか一方を残したりという選択肢が出来るのでより自分に合った方を選ぶことが出来ます。