ドローン操縦士養成校「DSJ(ドローンスクールジャパン)東京中目黒校」の無料体験説明会に行ってきました

カメラ
スポンサーリンク

先週、東京に出張する事になったので、以前から興味を持っていた「ドローンスクール」に行ってみました!

以前購入したDJIのTELLOは最新技術を搭載していて「何でもできる」気分になる程、安定したフライトができます。

トイドローン Ryze Telloレビュー【powerd by DJI】
80gの"トイ"ドローンですが、ドローン業界では最大手のDJIが監修し、DJIとIntelの技術を惜しみなくつぎ込んだモデルです。本格的な空撮ではなく、カジュアルに空撮を楽しめ、現状のトイドローンでは性能No.1でコスパも抜群です。

しかし、それはあくまでもテクノロジーの進化のおかげであって自分自身の力で培った技術ではありません。

TELLO程安定した機体でも意のままに操る事は難しいし、訓練が必要だなと感じていました。

趣味フライト以外でTELLOを使う機会があるかも!

こんな技を習得したい!

というモチベーションに繋がるかもしれないという期待を抱いていました。

 

そこで今回、無料で説明会だけではなく実技もできるスクールがあるという情報を得た為、お邪魔させて頂きました。

今回お邪魔させて頂いたのは「DS・J(ドローンスクールジャパン)東京中目黒校」です。

 

 

スポンサーリンク

DS・J東京中目黒校は何所にある?

体験所在地

住所:東京都江戸川区松江5-7-13
最寄駅:都営新宿線 船堀駅北口より徒歩9分

 

運営会社のSKYESTATEはどんな会社?

建築とドローン関連事業を手掛ける会社

DS・J東京中目黒校は「空に未来を」という言葉をキャッチフレーズにしているSKYESTATE会社が手掛けています。

SKYESTATEの事業内容

事業内容は主にドローンを軸として+αの仕事を手掛けています。

ドローンといえば空撮のイメージですが、外壁や太陽光パネルの調査・点検が主業務になっているそうです。

また、ドローンパイロットの育成にも力を入れており、DS・J東京中目黒校から輩出したパイロットへ仕事の紹介など卒業生へのフォローも行われています。

 

「DS・J東京中目黒校」の特徴

たった4日でDPA公認の「回転翼3級」の資格取得が可能!

  • DPAとは国土交通省管理団体の一般社団法人ドローン操縦士協会の事でドローン操縦資格の国家資格化や環境整備などを行っている団体。

なぜDPA公認の資格「回転翼3級」が必要なのか?

飛行許可申請の一部を簡略化
  • DPA発行の「ドローン操縦士回転翼3級」の取得者は国土交通省への飛行許可申請の際の書類の一部「様式3及び無人航空機を飛行させる者の追加基準への適合性を示す書類」(操縦士の飛行経歴・知識・能力確認)をライセンスカード提示により省略する事が出来ます。
資格が持つ信頼感
  • 資格取得を明示することで、飛行前の土地所有者・警察署・近隣住民への説明を円滑に行うことが出来ます。
ビジネスシーンでの信頼感
  • 信頼感やブランド力が重要視されるビジネスシーンにおいて、国土交通省登録管理団体「DPA」の資格を持っていることは非常に有利に働きます。

 

  • これらの内容が自身がドローンの操縦を仕事として考えた時に大きなサポートをしてくれます。
  • 特に書類の申請は認可が下りるまでに時間がかかるため、1回の申請で一定期間の許可が得られるのは本当に大きなメリットと言えます。
  • また、国土交通省認定機関という「ブランド力」も仕事を受注する上での信頼感につながると考えられます。

卒後も安心の充実したアフターサポート

全天候型で365日使用可能な練習場の提供

  • 実際に実技を行う場所は都心からアクセスも良く、大きな倉庫を練習場としているため、雨の日でも機体を濡らすことなく練習できます。
  • ご自身でお使いのドローンを使用する事ができるため、技術の向上や機体の特徴・クセなどに早く慣れる事ができます。

実際にドローンを使って仕事をしている現場に同行できる

  • ドローンを使って仕事って空撮以外のイメージが湧きにくい物ですが、外壁調査や建物の点検などの仕事が主となります。
  • 実際に現場で仕事をしている状況を見学する事によって、働くイメージ・仕事に対する考え方を教授することが出来ます。

就職・転職支援

  • 人材派遣・紹介会社パーソルテンプスタッフと業務提携をしているため、自分に合ったドローンの仕事を仲介・斡旋してくれます。

経験豊富な現役インストラクターによる指導

豊富な経験とスキルによってあなたの成長をサポート

  • DS・J東京中目黒校の講師陣は現役で現場に出ている為、機体の操縦に関するスキルや仕事に関する事まで丁寧に質問に答えてくれます。
  • すべての講師が2000時間以上の飛行の経験をしており、スキルは間違いありません。
  • 基本的にはマンツーマン指導で、あなたに合った指導をしてくれます。

女性も安心!女性のインストラクターが所属

  • 男性インストラクターより女性の方がいいというあなたの為に、女性インストラクターも所属しています。

 

 

実際に無料体験説明会はどんな様子だったのか?

駅からスクール会場までの道のり

  • 船堀駅北口を出て、グーグルマップの言う通りにひたすら歩きました。
  • 慣れない土地だったので大体10分弱かかった印象です。
  • 商業施設、学校、住宅街、工場と歩いて行くたびに目まぐるしく景色が変わっていきとても面白かったです。
  • 実際のスクール会場は公園の対面にあります。

担当してくれたインストラクター

当日に担当してくれたのは中川さんでした。

丁寧な説明と素敵な笑顔で、ドローンを自由自在に操る姿はまるで魔術師のようです。


持っていく物

  • 事前に持っていくものなどを確認しましたが、特に指定はありませんでした。
  • 体調に合わせて体温調節の出来る格好で行くのが望ましいかと思います。

説明会の時間

  • 僕は16時から予約しました。終わったのは17時を少し過ぎた当たり。
  • 時間にして大体1時間程度。僕はその後少し質問などをしました。

説明会の流れ

16時00分~16時20分 各種説明

  • 今日の説明会の流れや、注意事項のあとにDS・J東京中目黒校やスカイエステートの事業の説明。
  • 関連法規やドローンの仕組み、ドローンを使った仕事内容についての説明を聞きました。

16時21分~16時30分 フライトシュミレーターでの体験

  • 一通り説明を聞いたあとはフライトシュミレーターを使用して操作に慣れるということを行いました。
  • シュミレーターで一通り間隔をつかんでから実技に移ります。
  • このシュミレーターがまた難しい・・・画面だと奥行きが掴みにくい。

16時31分~16時45分 実技講習

  • このスクールではすべてDJI製のドローンを使用しています。
  • 練習用のドローンは敢えてGPS非搭載で不安定な環境を作り出しています。
  • 体験とは言え、スクールの生徒が使っているのと同じドローンで練習が出来るのは生徒になった気分でとても良かったです。

16時46分〜17時00分 模範フライト

  • DJI PHANTOM4の機能説明では機体に装備されてある各種センサーの説明と4Kカメラによる高精細撮影について。
  • ジンバルによってブレが低減し、安定した撮影が出来ることなど、PHANTOMの良さを余す事なく伝えてくれました。
圧巻だったのはVRゴーグルを使ったトイドローンのテストフライト
  • 業務用と思われるトイドローンは無線トランシーバーと同じ5GHz帯の帯域を使用しており安定した通信環境の中でのフライトが可能な物でした。
  • また講師の方が操縦するトイドローンが所狭しと自由自在に飛び回る様子を実演してくれました。

感想

機械が好きな僕にはたまらない最高に楽しい時間になりました。

担当してくれたインストラクターの中川さんも忙しい中、丁寧に教えてくれたり質問に答えてくれたりと終始イケメンでした。

無料とは思えないほど色々と体験できて本当に濃い時間を過ごせたと思ってます。

本当に楽しかった!!

 

まとめ

いかがでしたか?

DSJ東京中目黒校の無料説明会の様子が分かってもらえたかと思います。

僕は他のドローンスクールに行ったことがないので、比較することは出来ませんが、無料でシュミレータや実技も出来るなんてなかなか良い説明会だと思いませんか?

説明会後に執拗な勧誘がない点はとても好感を持てました。

事前に体験会の様子を撮影したいとお願いした所、快諾して頂けましたし、YOUTUBEの動画も自由に使用して良いとの許可も得ています。

本当に柔軟な対応で、好印象でした。

お金と時間があったらこのスクールに通って、回転翼3級を取得したい!

と、心から思った説明会となりました。

手ぶらで参加できるので、ちょっとでも興味が湧いたら是非申込をしてみてください。