VIE FITのアップデートプログラムが遂に完結。新しくなったVIE FITを評価してみました。

イヤホン
スポンサーリンク

過去に幾度となく記事にしてきた「話題作」VIE FITですが、アップグレードプログラムに応募してからというものの中々期日通りに交換品が到着とならず。

10月25日に到着となりました。

本来ならば9月中旬~末にお届けの予定だったのですがね・・・・

まあとりあえず無事に届いたということでそれはそれでよかったのですが・・・

遂に完結編です。

 

長期に渡り当ブログにネタを提供してくださって本当に感謝しております。

 

というわけで新しくなったVIE FITは前作のVIE FITの弱点を消せているのか、数日試してみたのでレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

内容品

白い封筒に①取扱説明書②本体が入ったミニ段ボール③返信用封筒の3つが入っていました。

  • 取扱説明書

  • 新しいVIE FIT

 

アップデートで進化した点

ケースに入れて自動電源ON/OFFの精度が格段にアップ!

  • 明確にわかるレベルで良くなっていました
  • 旧製品ではほぼ機能していなかっただけに喜ばしい成長です

スマートフォンとの自動接続も使えるレベルに

  • これも成功回数が圧倒的に増えました。
  • 旧製品ではほぼ失敗していたのに、アップデート版はほぼ成功します。

イヤホンの左右の接続状況も良好になった

  • 片耳を手で覆うと接続切れが頻発するなど、脆弱だった、接続状況が多少改善されていました。

途切れてからの復帰が早くなった

  • 親機とや片側ユニットを見失っても、復帰までが早くなりました。
  • 大型家電量販店での実験は行っていませんが、田舎でも普通に外に持っていけるレベルまで改善。

 

外観の変化はなし

並べてしまうとどっちがどっちか判別不能

  • 右側が新製品、左側が旧製品

 

未改善な点

充電が不安定

  • ケースに入れても片側だけ充電されたり、充電がされていなかったり…
  • 充電ケースの構造の見直しが必要な気がします。

電波が入り乱れる所では辛い

  • Jabra Elite 65tのようにNFMIを搭載しておらず、どこでも快適というわけにはなかなかいかない…
  • 1万円台なのである程度は仕方ないかなと。

アップデート環境の整備がまだまだ

  • アンドロイドアプリでのソフトウェアの更新は可能な物の、iPhone用アプリの開発はまだまだ先のようです…

 

VIE FITはこの市場で生き残れるのか

改善点

課題①:ハードの改善

  • イヤホンの左右の接続安定の向上⇒現状はNFMIを採用するしかない。
  • 充電環境の整備⇒現行の充電ケースの設計を見直して再度作り直すしかない。

課題②:アップデート環境の整備

  • iPhoneアプリの開発を早急にお願いしたい。

課題③:サポート品質の向上

  • 製品到着の遅延の頻発、対応の遅さもなかなかの問題。

これ以上の改善は難しいかも

  • コストと時間を考えるとどうなんだろうか・・・
  • 1万円台だし、割り切って使えばいいのかなとも。
  • (NFMI積んでくれるなら追加でお金払うよ!)

 

新しいVIE FITの評価

ようやく及第点の出来になった

1万円クラスとしては及第点の評価です。

正直、これでも評価はめちゃくちゃ甘い方です。

出来の悪い子は可愛いみたいなそんなレベル。

ただ、ようやく積極的に外で使ってみようかなというくらいにはなりました。

やはり「色物」からは抜け出せず

「入手難易度」・「操作性」・「ユーザーへの対応」どれをとっても玄人・マニア・ドМ向けの製品の枠からは抜けれていない印象です。

万人に勧められる製品とはアップデート後でも言えないかなと。

特にこの手の製品を「初めて使う人」・「機械が苦手な人」にはすでに使っている人やメーカーサポートなしでは難しいです。

 

まとめ

makuakeのコメント欄はいつも荒れていますが、過度な返金要求や期限を越えてからのアップデートの申込みなどは無視しても良いかと思います。

事前にメールにて複数回連絡があったわけですし、ある程度は自己管理の問題かと。

あくまでもクラウドファンディングなんで「試作機をいち早く使える権利」を購入したわけですし、製品の価格帯から考えてこのスペックとデザインなら割と健闘してのではないかと個人的には思います。

NFMIの搭載や充電関連の整備、アプリ開発などは2~3万円クラスの製品に求めるレベルだと思います。

とはいえ支援ページのような快適さからは程遠い製品を世に送り出したこと、後手に回るサポート対応など、メーカー側にも改善すべき事はあったように思います。

”何事も楽しんで”

VIE FITの一連の流れは結構楽しませてもらいました。

先ほど述べたように支援した側の立場からすると製品やメーカーの対応など不満点はいっぱい出てきますが、僕個人の意見としては「ユーザーの声を反映して一緒に成長した」というポジティブな捉え方をしています。

耳に収まった時のデザインが良かっただけに色んな意味で本当にもったいなかった。

僕はこれからも飽きるまVIE FITを使っていこうと思っています。

こんなに面白い製品そんなにないからね!

 

過去の記事はこちら

レビュー記事

クラウドファウンディング発 トゥルーワイヤレスイヤホン 「VieFit」レビュー

TWS-X9とViefitを使用して2ヶ月経過したのでそれぞれ比較して感想を書きました。

アップデートプログラム関連記事

VieFit アップデートプログラムに応募しました

VieFitアップデートプログラムの詳細情報

 

外さないトゥルーワイヤレスイヤホンの紹介

コスパ重視

  • 値段とスペックがいい意味で釣り合ってない「初めの一台」には最適な製品
  • バックアップ用としても優秀

PASONOMI TWS-X9

【防水】 トゥルーワイヤレスイヤホン PASONOMI TWS-X9 レビュー 
PASONOMI True wireless TWS-X9を購入しました。 前回のVieFitに続き2つ目です。 このTWS-X9はBluetooth5.0で防水対応という上位クラスのワイヤレスイヤホンに引けを取らないスペックなのに...
【防水】トゥルーワイヤレスイヤホン PASONOMI TWS-X9にホワイトが追加!
以前購入し、今も愛用しているトゥルーワイヤレスイヤホン PASONOMI TWS-X9 以前のレビュー記事はこちら そのTWS-X9に色違いのホワイトが追加されました。 この手の商品はブラックが多い中で、ホ...

スペック&着け心地重視

  • 2万円台と高価ながらも、充実したスペックで満足感が高い製品
  • 人間工学に基づいたデザインが抜群のフィット感を提供してくれるトゥルーワイヤレスイヤホンの「終着点」

Jabra Elite 65tシリーズ

トゥルーワイヤレスイヤホン Jabra Elite 65t の情報をまとめました
遂に現時点で最高のワイヤレスイヤホンを見つけてしまったかもしれません。 数か月前に実機を視聴し、一通り使ってみたけどスルーしていました。 現在は、 PASONOMI TWS-X9 VieFIt ...
圧倒的な性能と最高のフィット感 Jabra Elite active 65t 開封・外観レビュー
Jabra Elite 65tシリーズ やはり完成度が高くて、装着感も抜群のワイヤレスイヤホンでした。 "ワイヤレスイヤホンの終着点"だと確信しています。 以前の記事で欲しいと書いてから数週間。 今回はGNオーディオジャパン...
Jabra Elite Active 65t 使用レビュー
前回の記事でJabra Elite Active 65tのレビュー記事を書きました。 さらに前の記事では欲しすぎて買っても無いのに情報をまとめていました。 関西に行く用事があったため、ずーっと付けっ放しで音楽再生...
トゥルーワイヤレスイヤホンを使った事がない20代女性にJabra Elite 65tを使用してもらいました
ここ2記事はJabra Elite Active 65tに関する記事を書いてきました。 開封・外観レビュー 使用レビュー 購入前にJabra Elite 65tの情報をまとめた記事も書きまし...