VieFit アップデートプログラムに応募しました

イヤホン
スポンサーリンク

クラウドファウンディング Makuakeにて製品化された「Vie Fit」

管理人も使用しており、当ブログでも度々記事を書いてきました。

クラウドファウンディング発 トゥルーワイヤレスイヤホン 「VieFit」レビュー
クラウドファウンディングMakuakeにて支援したVieFitが半年の時を経て、ようやく到着しました。 使用して1週間程経過したのでレビューをしていきます。 追記 Amazonで他社のトゥルーワイヤレスイヤホンも購入し...
TWS-X9とViefitを使用して2ヶ月経過したのでそれぞれ比較して感想を書きました。
うちのブログで圧倒的なアクセス数を誇るPASONOMIのTWS-X9とViefitの記事 TWS-X9 VieFit 完全ワイヤレスイヤホンの人気の高さがうかがえますね。 ...

 

発売当初から数々の不具合を抱えたままのこの製品でしたが、去る7月24日にアップデートの可能性が示唆されていました。

 

スポンサーリンク

アップデートプログラムを予定しているとの連絡

以下が7月24日に発表された内容です。

VIE FITをご支援、ご愛用いただき、誠にありがとうございます。
全数出荷より約1ヶ月が経過し、ご報告いただいた様々な事象についての今後の改善計画を発表いたします。

アップグレードプログラム提供について


左右の無線接続が途切れる問題(特に外出時)について、お困りのみなさまにご協力をいただき問題についての調査を進めてまいりました。

<実施内容>

  • 複数サポーター直接聞き取り
  • 調査ユニット回収・性能調査
  • ファームウェアレビュー・改修テスト
  • 第三者法人(深セン)再回路基盤レビュー・無線性能テスト
  • 第三者法人(日本)再再回路基板レビュー・無線性能テスト
  • 10本以上のアンテナ追加性能比較テスト
  • 改善基盤7種類の性能テスト

検証結果報告

まず、複数の外部の専門家に依頼し再度現行製品の性能のテストを行なった結果基準値を上回る良好な結果が出ており、製造のバラつきによる個体差があるものの、現行の回路・基盤の設計に、問題が発見できませんでした。
VIE FITは、Blueoothを使用した完全ワイヤレスイヤホンで、現状の技術仕様上、無線帯域の混雑や送信側(スマホ)の通信などの要因により、接続の途切れが発生することがあります。
この仕様の限界の中、フィット性・音質・無線性能とを両立する挑戦を続けており、直近でテストをした、アンテナを再度調整し、電波強度を向上したユニットは、機種依存による接続性能悪化や、外出時の電波混雑による無線切断などの事象の改善に効果がでる可能性がある結果となりました。

ファームウェアのアップデートについて

VIE FITはファームウェアアップデート機能を備えており、専用のアプリケーションを通して、今後1ヶ月程度での更新を予定しております。

こちらも準備が出来次第、アップデート方法を改めて連絡させていただきます。

<改善予定項目>

  1. 自動ON・OFFの機能改善
    ケースからイヤホンを取り出した際に自動で電源がオンにならないことがある事象を改善
  2. マイクのボリューム設定改善
    通話時のマイクのボリュームが小さくなることがある事象の改善
  3. 特定機種で発生する曲送りの不具合の修正
    Huawei社の機種など特定機種で発生する不具合の修正
*makuakeサイトのVIESTYLE社からのコメントを一部抜粋しております。

7月24日の報告のまとめ

  • 左右のユニットの接続切れに対して色々検証した
  • 個体差はあるけど基盤レベルでの問題は見つからなかった
  • 接続切れが減るように開発していく
  • 他の問題に対してもアップグレードしていく

ざっとまとめるとこのような内容でしょうか。

 

2回目のアップグレードプログラムの報告

次に8月14日に続報が入りました。

VIE FITをご支援、ご愛用いただき、誠にありがとうございます。
先日発表いたしました、アップグレード・プログラムおよびファームウェアアップデートの開発の進捗についてご報告いたします。

アップグレードプログラム開発の進捗

進捗状況報告

左右の無線接続が途切れる問題(特に外出時)について、接続性能を向上した改善版のユニット開発を進めております。
アンテナを再度調整し、電波強度を向上したユニットは、機種依存による接続性能悪化や、外出時の電波混雑による無線切断などの事象の改善に効果がでておりましたが、最も繋がりにくい、空港やショッピングモールなどの電波が混雑している環境で使用した際の途切れを最低限にするために、さらなる改良・テストを続けております。
前回の報告以来、2種類の改善基盤を製作しテストした結果、都度、耐性が向上しています。

アップグレードの日付確定

8月末までに、特定機種への対策などさらなる改善を図り、再度改良基盤を製作しテストを行う予定です。
期待通りの結果が確認できれば、部品の手配・製造ラインの立ち上げに入って行き、9月中にはアップグレードを開始させていただく予定で進めております。

アップグレードには登録が必要

つきましては、生産数の確定・生産準備のため、アップグレードプログラムへのご登録を、8月末までとさせていただきたいと思います。
ご希望の皆様は、8月31日(金)23:59までに下記フォームよりご登録をお願いします。

ご登録いただいた皆様へ、準備が出来次第、詳細な交換方法をご登録のメールにてお知らせをいたします。

<登録フォーム>
https://goo.gl/forms/wyz4kNqAtvlTW2ln2
締切:2018/8/31(金) 23:59まで

*登録期限を超えているため、現在は受付を終了しています。

ファームウェアのアップデートについて

VIE FITはファームウェアアップデート機能を備えており、専用のアプリケーションを通して、機能の改善・追加を予定しております。

9月初旬までに、次回のアップデートを更新する予定で、開発を進めております。

<改善予定項目>

自動ON・OFFの機能改善
  • ケースからイヤホンを取り出した際に自動で電源がオンにならないことがある事象を改善
<ステータス>
  • Qualcomm社のチップが提供する標準設定を現在採用しておりますが、より良い方法を模索中です。現状まだ作業中です。
マイクのボリューム設定改善
  • 通話時のマイクのボリュームが小さくなることがある事象の改善
<ステータス>
  • 開発が完了いたしました。
特定機種で発生する曲送りの不具合の修正
  • Huawei社など特定機種で発生する不具合の修正
<ステータス>
  • 開発が完了いたしました。

<iOSアプリの提供について>

  • すでにリリースしているAndroidアプリに加えて、iOSのアプリの開発を進めておりますが、Qualcomm社提供のアップデート機能にバグがあり、またAndroidでは7分程度の更新時間もiOSでは、2.5時間かかる仕様となっております。
  • Qualcomm社と相談しながら、次回ファームウェアリリース時に間に合うように作業を進めておりますが、iOSアプリの提供が遅れる可能性があります。

8月14日の報告のまとめ

  • 接続切れに対して新たなユニット(基盤)を開発し、検証している
  • 検証により良好な結果が出ている
  • 9月中にアップデートプログラムを開始したい
  • プログラムに参加するには登録フォームより登録が必要
  • その他の問題についても改善をしている
  • iOS用アプリの開発も行なっている

 

アップデートプログラムに応募

Makuakeサイトでの連絡は8月14日を最後となっていました。
現在は、8月31日までに登録フォームから応募をしてVIESTYLEからの連絡を待っています。
そして、先日新たな連絡が登録メールアドレスに届きました。
以下が続きの記事になります。