新しい「AppleWatch」AppleWatch Serise 4のリーク情報まとめました。

iPhone関連
スポンサーリンク

2018年9月12日にAppleの発表会が開催されます。

毎年、新しいiPhone、iPad、Mac、AppleWatchなどのハードウェアと共にiOS,MacOS,WatchOSなどのソフトウェアの発表も行われます。

 

僕は今、めちゃくちゃAppleWatchが欲しいのです!!!

 

AppleWatch3でセルラーモデルが出たときから購入の準備を始めていましたが、いよいよ購入する時が来たようです。

 

期待に胸を膨らませながら残りの12日間を正座で待つわけですが、頭の中の整理も兼ねて今までリークされている情報をまとめてみます。

 

スポンサーリンク

AppleWatch Serise4(仮)の画像

 

  • イメージは「9TO5Mac」のサイトからお借りしました。
  • 画像クリックで元記事(英語版)に飛びます。

 

AppleWatch Serise3からの変更点

ディスプレイサイズが現モデルより15%大きくなる

  • 大きな変更点としてAppleWatch Serise4のディスプレイは画面サイズが従来のAppleWatchより15%大きくなる
  • 42mmモデルでserise3(312×390)→serise4(384×480)
  • 38mmモデル、42mmモデル共に大きいディスプレイが採用される

ディスプレイに表示される情報量の増加

  • ディスプレイサイズの変更に伴い、フェイスに表示される情報量も増え、より多くの情報を一目で確認することが可能になる

デジタルクラウン(竜頭)が物理式から変更か

  • iPhone7から採用されている「Tapic Engine」を搭載し、感圧式のデジタルな物に変更されるかもしれない
  • 省スペースと高い防水性を求めての変更と噂されている

サイドボタンの出っ張りがなくなる

9TO5Macの画像を参照すると、従来のモデルでは出っ張っていたサイドボタンがケースと同じ高さになり、「ツライチ」のように見える

 

AppleWatch Serise3と変わらない点

ケースサイズは変わらず2パターン

  • 38mmと42mmの2つのケースサイズは変わらず

バンドは共通のものが使用できそう

  • 従来のバンドが使用できる事でカスタマイズも容易に

 

AppleWatch Serise4に期待

  • ベゼルレスとまではいかなくても、狭額になって表示領域が大きくなったディスプレイと物理式からデジタル式に変更になるかもしれないデジタルクラウン、ケースサイズも変更ないし、バンドも従来の物が使える。
  • 順当に進化していって、使いやすくなっていってますね。
  • バッテリーに関する情報があまり出てこないのは心配ですが、どうなのでしょうか・・・。

 

9月12日のスペシャルイベントまで正座で待機

  • 9TO5Macやその他のリーク情報がどこまで当たっているか楽しみですね。
  • 9TO5Macはどこから情報を仕入れているのかわかりませんが、いつも結構当てている印象です。
  • 事前に情報が漏れるとスペシャルイベントでの盛り上がりも欠けてきますが、答え合わせも含めて、楽しんでいきたいと思います!
  • リーク通りのAppleWatchなら最高すぎです。

 

早く予約させて下さい!