フィットするイヤーピースの選び方

Amazon
スポンサーリンク

前回の記事でイヤーピースの基礎知識の記事をかきました。

イヤーピース選びに必要な基礎知識
ユニバサールタイプのイヤホンにとってイヤーピースは切っても切れない関係にあります。 この記事ではイヤーピースを通してイヤホンの装着感向上と自分に合ったイヤーピースを選択する手助けが出来ればと思っています。 そのために必要なのがイ...

 

素材・形状・コスト・色など様々な観点から考えると選び方は無限大です。

一方で種類が多すぎて、「まあこれでいいか」とか「多少ゆるいけど付属のイヤーピースでいいか」と、僕もそのように考えていた事もありました。

膨大な数の中から自分好みのモノを選び出すという作業を楽しめる方なら問題ないですが、忙しくて時間がない人の場合はそういう訳にもいきません。

この記事を通して「なるべく少ない工程」で、「早くぴったりのもの」を見つけ出せるような手助けをできれば良いなと思っています。

シリコン製のイヤーピースを購入すると仮定して、順を追って説明していきます。

 

スポンサーリンク

イヤーピースのサイズを知る(現状認識)

  • すでに自分のイヤホンにイヤーピースをつけている方がほとんどだと思いますが、まずはどのサイズのイヤーピースを使っているのかを知っておきましょう。
  • もし手元にいろんなサイズのイヤーピースがあるなら色々付け替えてみてください。

なぜ再度付け替える必要があるのか?

結構気付いてない人がいるのですが、耳道のサイズは左右で差があります。

人によっては右と左でワンサイズ変わる人もいます。

そういう意味も含めて再度ご自身のサイズを確認して欲しい訳です。

イヤーピース装着時の確認事項

  • イヤーピースを装着して痛みを感じる
  • すぐにポロッと外れる
  • ある特定の方向にだけ外れる
  • 明らかに外の音が入ってくる

上記の4つはサイズが合っていない場合に起こる現象です。

当たり前の項目なのですが、改めてという事で・・・

 

自分に合うイヤーピースとは・・・??

ということは上記の4つを解消できるものが見つかればそれが便宜上は自分に合うということになります。

ですが、そう杓子定規に行かないのがこの世界です。

見た目や値段や素材という外因とあなたの感覚という主観的な要因で決定します。

つまり、上記の事項を満たしていても「感覚」が合わなければそれは自分に合ったものではないということになります。

感覚的なものに対する最高の解答は気になる物は全て試してみる」です。

イヤーピースを試せる店舗

僕は元々関西に住んでいたので、e-イヤホンによく通っていました。

e-イヤホンは関西だと大阪にあり、梅田となんばに店舗があります。

また、東京、名古屋などにも店舗があるので、近くに行った際には是非立ち寄ってみてください。

 

e-イヤホンでは様々なイヤーピースを試すことができるため、最短で自分に合ったイヤーピースを見つけだすことができます。

 

オススメの使いやすいイヤーピース

  • JVC スパイラルドットイヤーピース
  • SONY ハイブリッドイヤーピース
  • Spin Fit
  • SONY トリプルコンフォートイヤーピース

オススメで挙げたのは全てシングルフランジタイプ

  • とにかく癖が少なく、使いやすいイヤーピースから選ぶ。
  • 上記に挙げた4つから選ぶと失敗は少ないのではないかと思います。
  • まずは1つ安定して使えるイヤーピースを見つけておくことが大事です。

 

ここからはあなたの感覚とすり合わせながらになりますが、僕が自分にぴったりのイヤーピースを見つけるまでに試した事を書いていきます。

そんなに難しいことはしていないです。

①耳に入れる

ここで気にしてほしいこと。

  • 装着はスムーズだったか
  • 耳の奥まで入れ込む必要があるかどうか
  • 素材の固さはどうか
  • 痛みはあるかどうか

これは序盤でも書きましたが、改めて気にしておいてください。

②イヤーピースを入れた時に周りの音が小さくなったか

  • 周辺の音が小さくなれば、しっかりと耳道にイヤーピースが入った証拠。
  • その時に無理やりねじ込んだり、押し込んだりしていないか再度確認。
  • すっと入ってすっと周囲の音が消えるのが大事

 

③イヤーピースの傘がしっかり耳道の入り口に蓋をする感覚があるか

表現がわかりづらくて申し訳ないのですが、このあたりから個人の感覚が強くなってきます。

僕はJVCのスパイラルドットイヤーピースのLサイズを愛用しています。

素材が柔らかいシリコンのため変形しやすく、傘が耳道の入り口をしっかりと塞いでくれる感覚があり、実際に外れにくいです。

 

使用環境

僕は手持ちのイヤホンのイヤーピースはすべて変えています。

その内訳でご紹介します。

有線イヤホン

Ultimet Ears UE900

  • JVC スパイラルドットイヤーピース

Shure SE215

  • SpinFit

qdc Neptune

  • JVC スパイラルドットイヤーピース

ワイヤレスイヤホン

Pasonomi TWS-X9

  • JVC スパイラルドットイヤーピース

Pasonomi TWS-X9のレビュー記事はこちら

【防水】 トゥルーワイヤレスイヤホン PASONOMI TWS-X9 レビュー 
PASONOMI True wireless TWS-X9を購入しました。 前回のVieFitに続き2つ目です。 このTWS-X9はBluetooth5.0で防水対応という上位クラスのワイヤレスイヤホンに引けを取らないスペックなのに...

VieFit

  • JVC スパイラルドットイヤーピース

VieFitレビュー記事はこちら

クラウドファウンディング発 トゥルーワイヤレスイヤホン 「VieFit」レビュー
クラウドファウンディングMakuakeにて支援したVieFitが半年の時を経て、ようやく到着しました。 使用して1週間程経過したのでレビューをしていきます。 追記 Amazonで他社のトゥルーワイヤレスイヤホンも購入し...

まとめ

まとまりのない記事になってしまったので、最後になんとかまとめます。

  1. サイズ選定がフィット感の8割を決める
  2. シングルフランジの物を選ぶ
  3. 試着できる環境にあるなら試す
  4. 周囲の音が減退したか
  5. 耳に蓋をしたような感覚があるか
  6. 痛みはないか
  7. 外れやすくないか

シリコン製やハイブリッド製イヤーピースはこの7つのポイントを選ぶ際の基準にしてみてください。

僕はいろいろた試した結果、JVCのスパイラルドットイヤーピースがベストでした。SE215だけはステム径が合わないので使用していませんが、他のイヤホンはすべて揃えています。