熱中症の予防と対策【正しい病態知識と水分補給の方法】

Amazon
スポンサーリンク

突然ですが・・・熱中症ってどんな病気かご存知ですか?

機序、病態、予防法、対策、治療などはある程度理解していますか?

 

今年の夏は本当に暑いです。
熱中症で運ばれる患者も多く、ニュースでも毎日取り上げられています。

「熱中症の予防には水分を摂取しよう」

よく聞くフレーズですが、

 

どのタイミイングでとればいいのか?
適切な水分量は?
水?お茶?スポーツドリンク?経口補水液?

 

などなど、疑問がたくさん出てくると思います。

この記事では熱中症や熱中症対策に対する知識をつけて頂き、日々の生活に生かして頂ければと思っています。

 

スポンサーリンク

熱中症を理解するために

まず熱中症についてはこちらのガイドラインを参照しました。

熱中症診療ガイドライン:日本救急医学会

 

熱中症の基礎知識①

熱中症とは

  • 暑熱環境における身体適応の障害によって起こる状態の総称

熱中症発症のピーク

  • 7月中旬~8月上旬で時間は12時~15時

気象条件

  • 晴天で気温が高い(35℃以上で好発)、高温多湿

ここまでのまとめ

  • 熱中症とは、暑さに身体がついていけない状態
  • 7月から8月で晴天かつ気温35度以上で(屋外・屋内と問わず)多湿であれば発症しやすい

 

熱中症の基礎知識②

性別・年齢

  • 男性に多く、若年層では屋外労働やスポーツに起因する労作性熱中症
  • 高齢になると男女ともに日常生活で起こる非労作性熱中が多い

重症度

労作性熱中症は一般的に重症例は少ない!

理由
  • 比較的健康な人が短時間で発症
  • 診断がスムーズに行え、治療への反応が良い
例外
  • 屋外で長時間労働した場合は重症化しやすい
  • 年齢や性別は問わない

非労作性熱中症は重症例が多い!

理由
  • 高齢であること(感受性・体温調節機能・活動レベルの低下)
  • 日常生活の中で徐々に進行している
  • 周囲の人に気づかれにくく、対応が遅れる
  • 基礎疾患を有しており、複合的な病態であること

ここまでのまとめ

熱中症には労作性熱中症と非労作性熱中症がある

  • 労作性熱中症は比較的健康な人に発症しやすく診断や治療がスムーズに行われるため、重症化は少ない
  • 非労作性熱中症高齢者に多く、日常生活に伴って慢性化している
  • また発見が遅い事や基礎疾患を有していること、加齢に伴う身体機能の低下など複合的な処置が必要となるため、重症化しやすい。

 

熱中症の基礎知識③

診断基準(症状)

  • 暑熱環境でめまい・失神・立ちくらみ・生あくび・大量の発汗・強い口渇感・筋肉痛・こむら返り・頭痛・嘔吐・倦怠感・虚脱感・意識障害・けいれん・高体温・せん妄

体内作用

  • Na欠乏性脱水=低Na血症+脱水
  • 血中のNa(ナトリウム)値の低下・・・水分喪失とともにNaも同時に損失する
  • Na(ナトリウム)・・・一般的に「塩分」という

 

対策①

体内水分量と増加と電解質の補正

  • 経口補水液の摂取が最も有効(水分+電解質の補正)

経口保水液摂取量(1日)

  • 成人:500-1000ml、幼児:300-600ml、乳児:体重1kg当たり30-50ml

スポーツドリンク

  • 水分摂取とNa補正は可能だがNaの含有量が少なく、経口補水液より効果は薄い
  • 更に多量の糖分が含有されているので、血糖値の急激な上昇に注意

水・お茶

  • 水分摂取は可能だが、Naの補充が十分ではなく、電解質が補正されない
  • また血清浸透圧の低下が原因で水分が利尿によって体外に排泄される

熱中症だと感じた場合の水分補給

  • 経口保水液>スポーツドリンク>水・お茶
  • この順番で体内で吸収されるのが早く、効果が期待できる。

 

ここまでのまとめ

  • 熱中症では体内の水分量が激減+Na(塩分)も喪失しているため、それぞれの補充が必要である。
  • それに伴い、頭痛・めまい・嘔吐などの症状が起きる
  • 最も効率の良い飲み物は経口補水液(OS-1)であり、体内で吸収される時間も短く、効果も高い

対策②

熱中症で友達や家族が倒れたら・・・

まずは冷やす(体温を下げる)事が重要

  1. 風通しのいい涼しいところや物陰など日光が当たらないところへ移動
  2. 保冷材やアイスパックがあれば「首」、「脇の下」、「足首」などを冷やす
  3. なければ水を身体にかけて体温を下げる

 

予防

水が身体に吸収される流れ

経口摂取の場合

  • 飲水→胃→小腸で吸収→血液で循環→各細胞が水分を吸収
  • このような流れになっているため、飲水からダイレクトで細胞にて吸収されるわけではない。
  • 胃から小腸で水分が吸収されるまでは約20-30分程度、そこから血液の循環となると更に時間がかかる
  • つまり、飲水から細胞に吸収されるまではタイムラグが存在することになる

最も有効なのは「こまめな水分補給」

  • 特に屋外で作業をする場合は意識的に水分を補給して脱水を防ぐ
  • 15分おきに150ml~200mlと少量づつ摂取する

喉が渇いてからでは遅い

  • 喉が渇くと言うことはすでに身体は脱水状態だということ
  • 水分を摂取してすぐに身体に吸収されるわけではなく、タイムラグが存在する
  • その為にこまめに水分を補給する必要がある

 

予防のときには水?経口補水液?

通常は水で十分

  • 屋外や極端に暑いことが予想される場所に長時間いないのであれば、水で体内の水分バランスを維持すれば良い
  • 食事でNaやClやMgが補充されているので、必要以上に摂取する必要がない

長時間の屋外作業や体調が優れないときは水+経口補水液がオススメ

  • 長時間の屋外作業では水分以外にNaやClなどの電解質も流出するため、万が一に備えて経口補水液を持っておくことをオススメ
  • 体調が優れない時も、電解質のバランスが崩れている事が多いため、経口補水液で確実に水分補充と電解質の補正を行う必要がある

 

まとめ

いかかでしたか?

熱中症という病気を知り、その対策と予防について書いてきました。

熱中症という言葉は知っていても病態生理を説明するのは難しいですよね。

自分なりに噛み砕いて解釈していくことが重要です。

そして、困っている人がいたら助けてあげてください。

最後に

日中に屋外で作業する事があれば、1本でいいので経口保補水液を常備することをお勧めします。