TWS-X9とViefitを使用して2ヶ月経過したのでそれぞれ比較して感想を書きました。

Amazon
スポンサーリンク

うちのブログで圧倒的なアクセス数を誇るPASONOMIのTWS-X9とViefitの記事

 

  • TWS-X9
【防水】 トゥルーワイヤレスイヤホン PASONOMI TWS-X9 レビュー 
PASONOMI True wireless TWS-X9を購入しました。 前回のVieFitに続き2つ目です。 このTWS-X9はBluetooth5.0で防水対応という上位クラスのワイヤレスイヤホンに引けを取らないスペックなのに...
  • VieFit
クラウドファウンディング発 トゥルーワイヤレスイヤホン 「VieFit」レビュー
クラウドファウンディングMakuakeにて支援したVieFitが半年の時を経て、ようやく到着しました。 使用して1週間程経過したのでレビューをしていきます。 追記 Amazonで他社のトゥルーワイヤレスイヤホンも購入し...

 

 

完全ワイヤレスイヤホンの人気の高さがうかがえますね。

特にTWS-X9はViefitより価格と入手のしやすさから人気が高いです。

この2ヶ月の間、両者を併用してきた僕がそれぞれのイヤホンについて思ったことを比較しながら書いていきます。

 

個人の主観が強く反映されている項目もありますが、こんなもんなんだなというくらいの軽い気持ちで見てください。

 

以下に当てはまるあなたに是非読んで欲しいです。

  • TWS-X9を持っているけど、VieFitの購入を検討している方
  • VieFitを持っているけど、TWS-X9の購入を検討している方

 

スポンサーリンク

フィット感

TWS-X9の安定したフィット感は素晴らしい

  • VieFit:TWS-X9に比べると装着にクセがある(装着し直す場面が多かった)
  • TWS-X9:クセがなく大体の人はすぐにフィットする。

感想

  • 僕の場合は、どちらも同じ種類の他社製イヤーピースを使用しているため、単純にイヤホンの作りによる「違い」を感じている。
  • 万人受けするのはTWS-X9の方だし、実際に他の人も「TWS-X9の方が装着しやすい」との感想であった。

 

装着時の耳からの出っ張り具合

VieFitの方が耳との親和性は高い

  • TWS-X9と比べるとVieFitの方が耳との親和性も高く、きちんとフィットさえすれば出っ張りも少ない。
  • 耳に上から下、下から上へ物がこすれてもはずれる気配はない

TWS-X9は出っ張り具合が少し気になる

  • デザイン的なものだかVieFitに比べて少々耳から出っ張る。
  • 耳に上から下、下から上へ物がこすれるとひっかかってぽろっと外れる事がある。

 

音作り

音の厚みでVieFitに軍配

  • VieFit:全体的に元気な音が鳴る(ROCKやテクノサウンドやEDM向けの印象)
  • TWS-X9:全体的にまとまった音で総合的にバランスが良い印象

感想

  • 音質に関しては個人の好みやイヤーピース、音楽のソースや再生環境などバイアスがかかる場面が多々あり、一概にどちらに優位があるとは言いにくい。
  • ROCKやテクノやEDMを多く聞く僕はVieFitの方が音の厚みがあり、好みの音である。
  • TWS-X9は女性ヴォーカルの高音の煌びやかさとか、クラシックの楽器の音の分離が…とか言わなければ全体的にまとまっていてどんな音楽も及第点以上の音は鳴らしてくれる。

 

デザイン

VieFitのデザインは唯一無二

  • VieFit:耳にはめ込んだ時はVieFitの方がコンパクトでスマート
  • TWS-X9:一般的なワイヤレスイヤホンのデザイン。王道

感想

  • VieFitはEARINの耳栓のように小さいわけでもないのに耳にはめるとコンパクトになるのが不思議。耳からの出っ張りも少なくとても良い。
  • TWS-X9はよくあるトゥルーワイヤレスイヤホンのデザインではあるが、全体的に角がほとんどなく、丸みを帯びたデザインになっている。

 

付属品

付属品の数の多さはVieFitに軍配

  • VieFit:イヤーピース2種類(シリコン&コンプライ)+イヤーウイング
  • TWS-X9:シリコンイヤーピース

感想

  • VieFit(一万円台)、TWS-X9(6000円~7500円)
  • 数千円の値段の差が付属品の数に表れたと思う。

 

価格・入手難易度

Amazonで6000円台で購入できるTWS-X9に軍配

  • VieFit:makuake(クラウドファンディング)で一万円前後
  • TWS-X9:Amazonで6000円~7500円

感想

  • VieFitはその道のモノ好きが買うもので買うまでのハードルの高さとコストがかかる
  • TWS-X9はAmazonでいつも売られてり、入手も安易。価格もVieFitに比べて3割程安く手が出しやすい

 

オートペアリング精度

TWS-X9の圧倒的勝利

  • VieFit:ほぼ毎回何かしらの操作が必要
  • TWS-X9:90%以上は成功する。ケースから取り出して耳にはめるだけ。

感想

  • VieFitはこういう細部の作りこみが甘い。ソフトウェアもまだまだ未熟
  • TWS-X9はほぼ毎回自動ペアリングになり、圧倒的な安定感

 

充電精度

TWS-X9は当たり前に充電できる

  • VieFit:充電できていたり、できていなかったり。よくわからない。
  • TWS-X9:マグネット式で安定して充電できる。

感想

  • VieFitは使おうとしたら充電されていなくて、使えない事が多々あって嫌気がさす。
  • ケースの形状や接点との接触の方法に問題がある。
  • その点、TWS-X9はマグネット方式でケースに格納されるため、接触不良が少なく毎回充電されている。

 

連続再生時間

VieFitの方が1.5時間長い

  • VieFit:満充電から電池切れまで4.5時間程
  • TWS-X9:満充電から電池切れまで3時間弱

感想

  • 個人的に一番重要な連続再生時間はVieFitに軍配。
  • 1.5時間の差はとても大きい。

 

防水性能

IPX7のTWS-X9に軍配

  • VieFit:IPX5
  • TWS-X9:IPX7

感想

  • VieFitもTWS-X9も日常生活程度の水ぬれであればどちらも大して差はない。
  • スペック上の違いはあるが、水場で使用する事が多い人はTWS-X9の方が安心できる。

 

対応コーデックの種類

Apt-X LowLatency対応のVieFitに軍配

  • VieFit:SBC・AAC・Apt-X LowLatency
  • TWS-X9:SBC・AAC

感想

  • iPhone以外の再生機器を使用して、より高音質で音楽を聴きたいならVieFitしかない。
  • この価格帯でApt-X対応は素晴らしい

 

接続の安定性

Bluetooth5.0:TWS-X9に軍配

普段はiPhoneXでAAC接続が使用環境なので、比較はその状態です。

  • VieFit:Bluetooth5.0でAACならまあまあ安定
  • TWS-X9:Bluetooth5.0でAACならほぼ途切れない

Bluetooth4.2:TWS-X9に軍配

  • VieFit:Bluetooth4.2の再生機器と接続した際の遅延や途切れは頻回あり。
  • TWS-X9はBluetooth4.2の再生機器と接続した際の遅延や途切れはほぼなし。

感想

  • 行動範囲が香川県の高松市の市内やビル内であればどちらもたまーに途切れる事があるかな?という程度でほぼ差はない。
  • 大阪のヨドバシカメラ梅田の店内はどちらも厳しく再生が不可能であった。

 

動画閲覧時の音の遅延

YOUTUBEと映画1本をオフラインでそれぞれのイヤホンで視聴

TWS-X9は気にならないレベル

  • YOUTUBEでもオフラインの映画でも画像と音声はほぼ同時。
  • 接続状況によっては多少ずれる事も頭に入れておくとよいが気になるほど遅れておらずストレスフリー

VieFitはワンテンポ遅れて音が来る

  • TWS-X9と比べると明らかにワンテンポ遅れてるなというのがわかります。
  • 特にYOUTUBE閲覧時は顕著ですぐにわかります。

 

まとめ

  • それぞれに一長一短があり、ご自身のライフスタイルや、使用目的に合わせて選ぶと幸せになれます。
  • 一般の人に勧めるなら価格・入手難易度を含めTWS-X9です。
  • 物好きの人にイレギュラーな製品をお探しならVieFitは良いかも。

特にTWS-X9はViefitより価格と入手のしやすさから人気が高いです。