トイドローン Ryze Telloレビュー【powerd by DJI】

カメラ
スポンサーリンク

以前からとてもとても欲しかった、Ryzeのトイドローン「Tello」を購入し、色々使ってみたのでレビューします。

 

80gトイドローンですが、ドローン業界では最大手のDJIが監修し、DJIとIntelの技術を惜しみなくつぎ込んだモデルです。

 

本格的な空撮ではなく、カジュアルに空撮を楽しめ、現状のトイドローンでは性能No.1でコスパも抜群です。

 

【国内正規品】 Ryze トイドローン Tello Powered by DJI

 

 

その安定感やフライトクオリティは圧倒的でした。

 

早めに言いますが、

 

買うかどうか悩んでここに来た人、買って後悔はしないです。

 

最高のトイドローンでした。

 

ドローン欲しいけど、高いのは買えないよって方にはこの記事で「Tello」を是非購入候補に。

ドローンって何?航空法って何?っていう方はこちらの記事をご覧ください。

ドローンを飛ばす際に注意すべき航空法について簡単に解説します
ここ何年かで流行っている「ドローン」ってご存知ですか? こんな虫みたいな「空飛ぶ機械」です。(MAVIC AIR かっこいいなー!) 家電量販店やインターネットでも容易に入手できるようになりました。 値段も...

 

スポンサーリンク

Telloのスペック

機体性能

サイズ 98×92.5×41 (mm)
重量 80g(プロペラ+バッテリ)
センサー 距離計・気圧計
システム ビジョンシステム
バッテリー 1.1Ah/3.8V
充電ポート micro-USB

飛行性能

最大飛行距離 100m
最高速度 8m/s
最大飛行時間 13min
最大飛行高度 10m

カメラ性能

静止画画素数 5MP( 2592×1936)
静止画保存形式 Jpg
視野角 82.6°
動画画質 HD720p30fps
動画保存形式 MP4
電子式映像ブレ補正

Telloの値段

  • 本体+バッテリー:¥12,800

 

購入時の付属品

  • Tello本体
  • バッテリー(1本)
  • トップカバー(ホワイト)
  • 予備プロペラ
  • プロペラ交換治具
  • 簡易取扱説明書

 

Tello外観

上部

  • 標準搭載の白のトップカバーは交換可能。

 

下部

  • 左右にビジョンポジショニングセンサー
  • センターに気圧計
  • スリット部にIntel14コアを搭載

 

左側部

  • 左側部の下は電源ボタン搭載

 

右側部

  • 右側部は充電(micro-USB)端子搭載

 

前面

  • 静止画画質:5MP、動画画質HD720p30fpsの撮影が可能
  • 下向きにカメラの角度は固定されていて、角度の調整は不可能

 

後面

  • 使用の際は後部からバッテリーを挿し込む

 

Telloの特徴

ビジョンポジョニングシステムによる安定飛行

室内飛行も可能

  • 風が無い室内ならほぼ思い通りにコントロールできます。
  • *動画は自動で再生しません。音量に注意してください。

多少の風なら機体の調節を自動で行う

  • 多少の風なら機体の調節を自動で行い、その場でホバリングしようと粘ります。
  • 機体を前後左右に調整する姿は可愛いです。(ちょっと風に流されてます)
  • *動画は自動で再生しません。音量に注意してください。

 

Telloの操作はスマートフォン(Telloアプリ)

Telloとスマートフォンはwi-fiで接続

  • Telloアプリからパスコードを設定することもできます。

離着陸は簡単

離陸

  • 離陸は画面をスライドするだけで無風状態なら真上に飛び上がります。
  • *動画は自動で再生しません。音量に注意してください。

 

着陸

  • タップして着陸は自動で着陸を開始します。
  • 手のひら着陸は手に乗ったらセンサーが反応し、プロペラの回転が止まります。
  • *動画は自動で再生しません。音量に注意してください。

 

多彩なフライトモード

 

Telloのカメラ性能を試してみた

テストフライトは何回かしてきたので、早々に実践投入です。

撮影場所は去年から香川県で一躍有名になった、撮影スポット「父母ヶ浜」です。

静止画

動画

  • 日が沈みかけていて、光量も取れない中でこれだけキレイに写るのは優秀
  • もっと精彩な動画や静止画が欲しければ上位機種に行くしかない

 

Telloの良い所

  1. Telloは80gで航空法対象外であること(周囲の安全には気をつけてください)
  2. DJIとIntelの技術を結集したドローンで安定したフライトが出来る事
  3. 離着陸が簡単に行える
  4. スマートフォンとの接続が切れても、その場でホバリングするため回収が容易
  5. 小さくて軽いので持ち運びもラクラク
  6. トップカバーを取り替えてオリジナルのTelloを作れる
  7. 丁寧な作りで所有欲が満たされる

 

Telloの残念な所

  1. 機体の軽さ故に少しの風でも結構流される。
  2. バッテリーが1つでは心許ない(楽しく遊ぶなら2本は欲しい所)
  3. コントローラーと収納ケースが付属されていない
  4. 機体に記憶容量がないので、動画の保存が全てスマートフォンに転送される
  5. たまに動画がスマートフォンに転送されない
  6. 上位機種が欲しくなる

 

合わせて買ったアクセサリ

純正バッテリー

  • 1本では物足りないので恐らく多くの人が追加で購入することになります。
  • 価格:¥2,500
【国内正規品】Ryze トイドローンTello フライトバッテリー

 

トップカバー(黄・青・白)

  • 付属の白色じゃ物足りない人へ(個性を出そう)
  • 価格:¥1,200
【国内正規品】Ryze トイドローンTello トップカバー(ブルー)

 

スキンシール

  • トップカバーの変更じゃ物足りない、個性を出しまくりたい人へ
  • 価格:¥1,099
Maxku DJI Tello フィルム 超薄 耐衝撃 手触り良い おしゃれ 人気 Ryze トイドローン Tello(テロー) 保護フィルム【3枚入り】

 

収納ケース

  • Telloにはケースがないので、ケース必須です。
  • プロポも一緒に入れておきましょう。
  • 価格:¥1,990
MaxKu DJI Tello ケース スリム 収納バッグ ハードポーチ 防水 防衝撃 防塵 携帯便利 バッテリ収納 Ryze トイドローン Tello(テロー) 専用保護ケース (ブラック)

コントローラ(プロポ)

  • コントローラがあるとより機敏に操作ができます。
  • 必須ではないですが、あるとより楽しめます。
  • 価格:¥4,450
Ryze Technology GameSir T1d Controller CP.PT.00000220.01

Tello専用コントローラの「GameSirT1d」のレビューを書いています。

あわせてご覧ください。

Tello用コントローラー GameSir T1d レビュー
トイドローン Tello にはMAVICシリーズのようなプロポ(コントローラー)が付いていません。 Telloのような完成されたドローンでコントローラーを使って操作したい という需要はあると思います。実際に僕もそうでした。 ...

Ryze Telloは最初の1台に最適

いきなり高価なドローンを買うのは勇気がいる事です。

このTelloは上位機種のMavicシリーズに負けず劣らずの性能を持ちながら14,800円という手を出しやすい絶妙な価格設定かと思います。

 

予算が1万円前後の人は「すぐにTelloを買ってください。」

予算が1万円に満たない人は少し追加してでも買うべきです。

 

僕も最初はお試しだからとAmazonでそこそこ評価のイイ6000円の物を買って使ってましたが、もはや比べ物になりません。

 

圧倒的な安定感コントロールのしやすさは化け物クラスです。

 

付属品などコストカットされている箇所が見られますが、それでもコスパは抜群です。

 

本格的な空撮は無理だけど、手軽に空撮してみたいという人には最適です。

普段見慣れたスポットも空から見ると違った景色になります。

 

フライトモードを使って凄腕ドローン操縦士の気分を味わったり、ホバリングを眺めたりと触っても楽しいし、見ていても楽しいです。

 

カップルで手軽に空から自撮りなんてのもアリなのではないでしょうか?

 

最終結論

  • 買うかどうか迷ってるなら今すぐにでも買った方がいい。
  • 200g以下で現状最高性能のトイドローン。買っても後悔はしない。
  • これで満足しなくなったら上位機種MAVICシリーズへどうぞ!!

 

 

トイドローンとはいえ、空から物が落ちてくるとやはり危険なので周囲には気を配って安全なドローンライフを送ってください。