ドローンを飛ばす際に注意すべき航空法について簡単に解説します

カメラ
スポンサーリンク

ここ何年かで流行っている「ドローン」ってご存知ですか?

こんな虫みたいな「空飛ぶ機械」です。(MAVIC AIR かっこいいなー!)

 

家電量販店やインターネットでも容易に入手できるようになりました。

値段も数千円〜数十万円と開きがありますが、コンシューマー向けに広がってきた印象です。

僕もドローンを購入したので飛ばす際に注意すること気をつけることなど調べていました。

 

ドローンを飛ばす際には航空法と言うものがあり、遵守する必要があります。

この記事では「ドローンの基礎」「航空法」について書いています。

 

安全にフライトを楽しめるように必ずチェックしておきましょう。

 

スポンサーリンク

ドローンの基礎知識

 

ドローンとは何か?

  • 一言で表すと「無人航空機」の事
  • もっとカジュアルに説明すると「人が乗らないけど空を飛べるもの」
  • いわゆる「ラジコンヘリコプター」もドローンの中に含まれる

主流はヘリコプター型からマルチコプター型へ

*マルチコプターとは3つ以上のローターを搭載した回転翼機の事

  • マルチコプターは様々なセンサーやGPSを搭載する事によって「自律した」フライトを行う
  • ホバリングやプログラムフライトが可能になっている

 

フライトの際は航空法に注意しよう

 

  • 以下に国土交通省の航空法に関するページをまとめています。

航空法の改正

  • 平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入された。

  • 今回の法改正により対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの。
  • ただし、200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く
  • いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。
  • 出典:国土交通省 http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000040.html

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

  • (A)~(C)の空域のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、国土交通大臣の許可を受ける必要がある。
  • 出典:国土交通省

航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域

空港等の周辺の空域
  • 空港やヘリポート等の周辺に設定されている進入表面、転移表面若しくは水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域
  • (進入表面等がない)飛行場周辺の、航空機の離陸及び着陸の安全を確保するために必要なものとして国土交通大臣が告示で定める空域

地表又は水面から150m以上の高さの空域

 

人又は家屋の密集している地域の上空

平成27年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空

人口集中地区は、5年毎に実施される国勢調査の結果から一定の基準により設定される地域です。

許可・承認手続きについて

  • 申請期間

  • 航空法第132条に定める「飛行禁止空域」における飛行や同132条の2に定める「飛行の方法」によらない飛行を行おうとする場合、飛行開始予定日の少なくとも10開庁日前までに、申請書類を提出してください。ただし、申請に不備があった場合には、審査に時間を要する場合もあるため、飛行開始予定日の10開庁日前からさらに、期間に相当の余裕をもって申請してください。
  • 申請方法

  • オンライン申請、郵送及び持参のいずれかの方法により申請が可能です。
  • 申請方法PDFファイル:http://www.mlit.go.jp/common/001189387.pdf
  • オンライン申請用サイト:https://www.dips.mlit.go.jp/

 

 

ドローンの基礎知識まとめ

Point

  • ドローンとは無人航空飛行機の事
  • センサーやGPSによって自律したフライトができるマルチコプター型が主流
  • 航空法に注意して安全な使用を行う
  • 人口密集地・空港・150m以上の高さを飛行する際には申請と飛行許可が必要
  • 200g以下のドローンは航空法の対象外
  • 許可が必要なくても近くに人がいる場合は事故や怪我が無いように気をつける

航空法対象外の200g以下で現状No.1の性能を誇るDJI監修の「Tello」でドローンを導入して見ませんか?

トイドローン Ryze Telloレビュー【powerd by DJI】
80gの"トイ"ドローンですが、ドローン業界では最大手のDJIが監修し、DJIとIntelの技術を惜しみなくつぎ込んだモデルです。本格的な空撮ではなく、カジュアルに空撮を楽しめ、現状のトイドローンでは性能No.1でコスパも抜群です。

 

航空法を守って安心安全なドローンライフを!!!