SHOOT GoPro HERO6 バックドアつきアルミハウジングフレーム レビュー

カメラ
スポンサーリンク

前の記事で書いたように、ようやくGoPro HERO6を購入しました。

GoPro HERO6を今更購入したよ!(HERO,HERO5との比較)
悩みに悩んだ末にアクションカメラのGoPro HERO6を手に入れました。 HERO5とHERO6で散々悩んだため、購入する瞬間までの気持ちを表現してみました。 悩んだポイント お財布に...

 

GoProはアクションカメラなので、色んな所に連れ出します。

そんな時に気になるのが、ぶつけたり、落したりした時に本体に入る傷。

ショックでしかないですよね。

 

購入時のフレームは心もとないし、機能性も優れてない(個人の意見です)

と思ったので、瞬時に代替のケースを探しました。

 

でも…

 

GoProのケースのレビューって案外ないですよね

 

特にアルミケース。

 

めっちゃくちゃ調べてもほしい情報あまり出てこなかったです。

ということで買って試してみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

SHOOT GoPro HERO6 アルミハウジングフレームの値段

  • ¥2,599

 

SHOOT GoPro HERO6 アルミハウジングフレームを買った理由

  • バックパネル以外全周保護
  • カメラの汎用フィルターを装着できる
  • 見た目が可愛い
  • 自分のGoProだとすぐわかる
  • バックパネルで装着が簡単そう

 

アルミハウジングフレームの中身

  • ケース本体、バックパネル、52mmUVフィルター、レンズ保護キャップ、マウント、ホットシュー、ストラップ、袋

 

アルミハウジングフレーム外観

side view (case only)

Point

  • インターフェースポート部が切り取られているため、USB-CやHDMIケーブルを使用する際にケースの取り外しが不要

 

rear view (case only)

Point

  • 上部にあるシルバーのスプリングボールによってリアパネルはしっかりと固定される
  • 角は面取りがされていて、怪我をしない作り

 

front view (camera in)

Point

  • レンズ下には「HERO6」のロゴ
  • インジケータ部、フロントディスプレイ部の作りも精巧
  • レンズ部には多少遊びがあるものの、ガタつくような事もない

 

rear view (camera in)

Point

  • カメラを入れる際もひっかかりは特になし
  • バックパネルの装着は容易で確実
  • タッチパネルの邪魔にならない

 

side view (camera in)

Point

  • 各種ボタンへのアクセスは大きな開口部のお陰で良好
  • USB-C・microHDMIケーブルを挿したまま使用可能

 

down view(マウント取り付け)

Point

  • ねじの装着も普通(そんなに力はいらない)
  • ねじの先もフレームから出ないため、GoProは傷つかない

 

アルミハウジングフレームの良いところ

  • 守られてる感じはかなりあるし、実際に保護領域は多い
  • ケースを通じて排熱が行える
  • 見た目かわいいし、高級感が出る
  • レンズフィルターが使える
  • バックパネルで装着が簡単

 

アルミハウジングフレームの欠点

  • 重い(GoProと同じくらいの重さ)
  • アルミマウントが他のアクセサリのプラスチックマウントを削ってしまう

 

懸念される問題

  • その重さ故に自撮り棒が折れたり、三脚で自立ができないのではないか?
  • 他のアクセサリのパフォーマンスに影響が出るのではないか?

 

検証

Ventlax 3way セルフィースティック

  • 検証結果⇒ 降りたんだ状態でも、伸ばした状態でも自立は可能
  • ただし、重量が増した分だけ、角度に余裕はない

 

Sametop 360°クリップマウント

  • 検証結果⇒ 自立は可能、特に目立った問題点はなし。
  • プラスチックマウントの時より安定感が増した。

総合判定

  • 重さが増してもアクセサリは普通どおり使えた!!!
  • アルミフレームで重さが増した分、セルフィースティックは物を選ぶかもしれない。
  • クリップマウントでの安定感は流石。

 

SHOOT GoPro HERO6 アルミハウジングフレームまとめ

  • 精巧な作りで値段より高級感はある。
  • 重さという点ではプラスチックのケースには勝てないが、それ以外の欠点がほぼ見当たらず。
  • 所見でGoProとなかなか思われないので、そういうのが好きな方は嵌るかも。
  • どれか1つというより状況に合わせて使い分けが出来るとほかのケースとの共存も可能

 

その他のアクセサリについてはこの記事でまとめています

GoProHERO6・HERO7のサードパーティアクセサリまとめ
夏のアクティビティに向けてGoPro購入しましたか? もしくは購入を検討していますか? GoPro購入レビューはこちら GoProには用途に分けてたくさんのアクセサリがあります。 もちろん値段...

 

 

アルミフレームも購入の候補に入れてみても良いと思います!!