ワードプレスの画面が真っ白になった時の対処法

ブログ運営
スポンサーリンク

先ほどの記事「google adsenseの2次審査コードの貼り付けで手間取った件」の際に、エラーコードを表示させよう!と思い、色々調べました。

google Adsenseの2次審査コードの貼り付け場所の解説をします
たった6記事でgoogle adsenseに申請を出すという無謀なことをしてみました。 というのもブログをするのも初めて、ワードプレスを使うのも初めて。 初心者なりに調べて、なんとか解決したので備忘録も兼ねて。 追...

 

結果的には前回の記事の解決には至らなかったものの、今後の為に備忘録として記事にしておきます。

スポンサーリンク

画面が真っ白になっても慌てずに

googleで「ワードプレス 画面 真っ白」というストレートな単語で調べました。

とりあえず色々と調べてわかったこと

  • 真っ白になっただけで、エラーコードは表示できる
  • セキュリティの観点から敢えてエラーコードは表示していない

なので、XSERVERのFTPファイルマネージャからエラーメッセージが表示されるように設定してみることにしました。

 

XSERVERでの方法を解説します

  • XSERVERファイルマネージャーにログイン

  • 自分のホームページのドメイン名を選択

  • public_htmlを選択

  • wp-config.phpにチェックマークを入れ → 編集

  • define(‘WP_DEBUG’,false)のfalseをtrueに変換

画像の反転している所はすでにtrueに編集しました。

最後に画面右側上方の「保存をする」を押して、保存してあげてください。

 

テーマのアップデートが未完了

6/21:追記

つい先程、管理画面からは見れるのに、普通にアクセスすると画面真っ白。

昨日とはちょっと違う現象。

まずプラグインを疑いました。

  • プラグインは全てアップデート済
  • プラグインをすべて停止

変化なし。

よく見るとテーマのアップデートが来てました。

早速アップデートを行うと直りました!

連日の真っ白画面には中々ヒヤヒヤする。

 

 

これでエラーコードが表示される

前回の事象ではエラーコードなど何も出ませんでしたが、プラグインの相性が悪いといっぱいエラーメッセージが出るそうです。

 

突然画面が真っ白になったら驚きますよね。

とりあえず慌てず、出来ることからちょっとずつ行って、解決へ辿りつきましょう!