ノイズキャンセリングヘッドホン3機種比較

ヘッドホン
スポンサーリンク

ノイズキャンセリングヘッドホンが欲しい!

という事で、ある程度下調べをして、欲しい機種を3つに絞りました。

購入の参考にするためにスペックや使用感を比較していきます。

 

スポンサーリンク

比較機種

  • SONY WH-1000XM2
  • BOSE QuietComfort35Ⅱ
  • Panasonic RP-HD600N

 

Spec Sheet

①ハードウェア

メーカー SONY BOSE panasonic
機種 WH-1000XM2 QuietComfort 35Ⅱ RP-HD600N
ノイズキャンセリング
再生周波数帯域 4Hz-40kHz 非公開 4Hz-40kHz
ドライバー 40mmドーム型 非公開 40mmドーム型
CCAWボイスコイル 非公開 HDドライバ
駆動方式 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型
充電時間 4時間 2時間 4時間
充電コネクタ microUSB microUSB microUSB
連続再生時間 30時間(NCオン) 20時間(無線) 20時間(NCオン)
38時間(NCオフ) 40時間(有線) 23時間(NCオフ)
マイク
重さ 275g 234g 268g
有線対応(ケーブル長) ○(1.5m) ○(1.2m) ○(1.2m)

まずはハードウェアの比較です。どれも似たり寄ったりですかね。

BOSEは色々と非公開なのであまり参考にはならないですが、SONYとPanasonicは連続再生時間で差がついてますね。

 

②無線通信関連

メーカー SONY BOSE panasonic
機種 WH-1000XM2 QuietComfort 35Ⅱ RP-HD600N
Bluetooth ver. 4.1 非公開 4.2
マルチペアリング ○(8台) ○(8台) ○(8台)
マルチポイント ○(2台) ○(2台) ○(2台)
ハイレゾ 非公開
対応コーデック SBC
AAC
apt-x ×
apt-x HD ×
LDAC ×
NFC ×

 

Bluetoothのバージョンは後発のPanasonicが新しいですね。

キーポイントは対応コーデックでしょうか。

国産メーカーは全てを網羅していて、iPhoneやAndroid、DAPなど、再生機種を選ばないのは大きな利点ですね。

対するBOSEはSBCとAACのみという男前仕様ですが、きっと何かの意図があるのではないかと。

NFC搭載なのはSONYとBOSE。

 

③アプリケーション

メーカー SONY BOSE Panasonic
機種 WH-1000XM2 QuietComfort 35Ⅱ RP-HD600N
アプリ対応 ×
Headphones connect Bose Connect app なし
ノイズキャンセリング設定
イコライザ設定 × ×

スマートフォンとの連携という意味ではPanasonic以外は専用のアプリを用意してあって色々と設定できます。

ヘッドホン側でイコライザー設定まで可能なSONYが頭一つ抜けてる印象でしょうか。

というわけでSpecSheetだけの比較だと、各社似たり寄ったりになってしまいました。

 

それぞれのヘッドホン使用時比較

SONY WH-1000XM2

Goodポイント

  • ブラックの色のデザインがかっこいい。
  • ノイズキャンセリングの性能が1番良かった。
  • イコライザ設定できる
  • 中古なら安く買えそうな値段

Badポイント

  • 側圧が少し強い
  • 耳の横に出っ張りがあるのが違和感
  • タッチパネルの挙動がたまにおかしい

 

BOSE QuietComfort35Ⅱ

Goodポイント

  • 装着時の圧迫感がほぼない。
  • ヘッドホン乗せてるだけっていう感覚。
  • イヤーパッドがフカフカ。
  • 売る時も値段がある程度付く
  • BOSE使ってみたい!(精神的な欲求)

Badポイント

  • ハウジングのBOSEロゴがダサい
  • ノイズキャンセリング時の耳の圧迫感がしんどい
  • 物理ボタンが多い
  • 値段が高い

Panasonic RP-HD600N

Goodポイント

  • マルーンブラウンの色が良かった
  • 形も丸みを帯びていてスリム
  • 装着した時のフィット感は1番(SONY、BOSEと比較して)
  • 音も1番好み
  • 値段が安い(2万円代前半)
  • あまり人が持っていない(使ってる人見たことない)

Badポイント

  • 作りが安っぽい(プラスチック感の主張が凄い)
  • ノイズキャンセリングの効きが悪い

 

 

まとめ

あくまでもスペック上の比較では、「WH-1000XM2が優位である」という事になりました。

実際にそれぞれのヘッドホンを触ってみた感じは「どれも欲しい」でした。

なので、Specとフィーリングとコストについてしっかりと悩もうかと思います。

追記:SONY WH-1000X購入しました。

最強のノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホン SONY WH-1000XM2 レビュー
以前こんな記事を投稿しました。ノイズキャンセリング+ワイヤレスヘッドホンの購入で3機種の比較を行いました。その後、家電量販店に実機を見に行ったり視聴したりして、遂に購入しました。SONY WH-1000XM2というわけで、実際に使用して良か

 

何かの参考になれば幸いです。